ネット副業ゆる解説

ネット副業とは?

ネット副業はインターネットを介して副収入を得る事ですが、ネット収入と言っても広告収入とクラウド上のお仕事に大別されます。

また、広告収入はクリック型課金とASPの成果報酬型に分けられます。前者はGoogle Adsense、後者はAmazonアソシエイトやA8.netが挙げられます。

更に成果報酬型は物販型と契約型、資料請求型に分けられます。

本サイトではアフィリエイトの始め方(サーバーの選定やWebサイト作りのポイント、アフィリエイト選定、SEOなど)を中心にアフィリエイトでの収入を得るために自身が学んだ事や感じた事を中心に述べていきたいと思います。

また、新規に立ち上げた自分のアフィリエイトサイトの成果レポートなどについてもブログに記載していきますね。

アフィリエイトは儲かるの?

まず、「アフィリエイトの広告収入など微々たるもの」というイメージを持っている方もいるかと思いますが、ちゃんと集中してやれば月100万円は達成できると思っています。
そう思わない人はモチベーション的に確かに難しいかもしれません。
ここが一番大切だと思いますので先に言わせていただきました。

例として、ASPアフィリエイトはアドセンスなどのようなクリック課金型に比べて圧倒的に単価が高いため、例えば1つ2000円の成果報酬の広告であれば、5つ成約すれば1万円です。

サイトを5つ作り、各サイトが1日1成果を上げれば、1日1万円、月30万円です。
ものすごく単純ですが、重要なのはこのコンバージョン率(成果率)です。
コンバージョン率が50%なら、1日10人来れば5成果です。
アクセス数が少なくてもコンバージョン率が高ければ稼げる、ここがPV重視のクリック課金型と圧倒的に違うところですね。
もちろんPVもあるに越したことはありませんがアフィリエイトはコンバージョン率が全てです。

1成果のために必要なアクセス数は?

コンバージョン率50%は分かりやすいように敢えて極端な数値としてあげましたが、特定のジャンルや商品に絞ったよくできた特化型サイトであれば、コンバージョン率は1クリックあたり10%くらいにはなる場合があります。
※但し10クリックで1成果はかなりいいほうです。
広告のクリック率も10%だとすると、100PVで1成果となります。
つまり月30万円稼ぐためには、1日100PVのサイトを5個作るだけですね。

但しライバルは多いです!

しかし報酬の高い広告の特化型のサイトは当然ライバルも多く、なかなか1日平均100PVのサイトを作るのは簡単ではありません。
そのため、最初は報酬が高くライバルが少ない広告にすればと思いがちですが、売れない商品は本当に売れません。
アフィリエイトではとにかく競争が激しくても「売れる商品を売る」のが鉄則になります。
そのためには、ライバルに勝つためにライバルサイトには無い情報やユニークな視点が必要になってきます。

作り込めば検索エンジンは評価してくれます

オリジナルで作りこんだサイト、記事であればGoogleなどの検索エンジンはちゃんと評価してくれます。
但しそういったサイトを作るためには、記事を書くために専門書を読んで勉強したり、詳細な比較をしたりと、とにかく作るのに手間と時間がかかります。
しかし時間をかけて作ったサイトは無駄にはならず、それは今後の自分の資産になります。
もし10年かけて100ページのサイトを10個作ったらそれは大きな資産です。
一旦評価されたドメインは簡単には評価は落ちません。

まとめ

アフィリエイトサイトは、とにかく売れるものを売るという鉄則の下、コンバージョン率重視で手間ひまかけてきちんと作る、そうすれば訪問者に評価され、検索エンジンにも評価されます。
そしてそれは資産であり、コツコツと価値の高い記事を追加、古くなった情報は修正していく事が、地味ですが収益アップの一番の近道になります。

投稿日:2017年8月28日 更新日:

執筆者:

もぐさのアイコン

もぐさ

東京都在住の副業アフィリエイターです。
このブログでは日々のアフィリエイトの成果やSEOに関すること、試してみたことなどを投稿しています。

収益アップのために色々とチャレンジしていきたいと思います!

@mogusa_mogu