なぜアフィリエイトなの?

そもそも、なぜアフィリエイト、つまりインターネットを利用した在宅ワークをするのかについて、まとめてみました。

長期的視点

アフィリエイトでお小遣い程度の収益を上げる事は実際にそれほど難しい事ではありません。
しかし、アフィリエイトの収入のみで家族を養っている人はごく少数です。
それは大半の人は、アフィリエイトであまり稼げずに止めてしまうからです。

確かにアフィリエイトで大きな収益を出せるようになるまでには、ライティングスキルの向上や、SEOの知識、サイト作成の知識など、いくつか身につけておく知識や技術があり、それらの習得は稼げるようになるためには必須になるため、始めてすぐに大きな成果を出せるようになるのは、誰であっても恐らく無理でしょう。
続けた人のみが成功を収められます。

そういう意味では、数ヶ月から数年の勉強期間は必要であり、短期的には会社勤めの方が安心感があります。

しかし、長期的に見れば在宅ワークは会社勤めに比べて、意外にも遥かにリスクは低いのです。
むしろリスキーなのは低月給で退職金もない派遣社員や契約社員でその場しのぎの労働を続け、ほとんど貯金ができない生活を続けていく事です。

50歳や60歳になってある日突然解雇、あるいは派遣契約満了(実質的には解雇)にならないという保証はありません。
その時になって、明日から収入0円になってから慌てても遅いでしょう。

資産になるか

今の会社の仕事を5年、10年続けて自分の資産になるのかを考えた時、貴重な人生の時間をドブに捨てているような気持ちにならないでしょうか。
確かに働く事で給料を得、生活を維持しています。
しかし、膨大な時間をかけて仕事をしても、それは労働収入であり、会社の資産にはなっても自分の資産にはなりません。

しかしアフィリエイトサイトで毎日3記事程度を着実に追加して行けば5年、10年後には確実に大きなサイト、つまり大きな資産になっているはずです。

短期的にみれば、アフィリエイトサイトに専念しても1年や2年は殆ど収入にならず、貯金を食いつぶすかもしれません。
しかし長期的な視点で見れば、アフィリエイトサイトの運営は確実な資産構築になります。
例えば10年かけてコツコツと良質な記事を追加していったサイトは、昨日や今日からアフィリエイトを始めた人には絶対に手に入れる事はできません。

もし副業としてやっていてもある程度の収入は得られるかもしれませんが、本業としてやるのとではサイトの規模拡大のスピードや収入アップのスピードはまるで違って来ます。

少子高齢化

どのみち日本も在宅ワークにシフトして行く

ここでアフィリエイトを勧める根本的な理由として、少子高齢化により以下の点からどのみち日本もアメリカのように在宅ワークが増えて行き、在宅ワークが主流になるはず(ならざるを得ない)である点があります。

親の介護

これから少子高齢化が加速していく事は数字上の既定の事実です。
絶対に避けられません。
これは高齢化に伴い、介護が必要になる人が年々劇的に増えていく事を示します。
介護と仕事の両立は現実的に不可能のため、仕事を辞めざるを得ません。
シングルマザーやシングルファーザーにとってはそれは死活問題ですし、共働きの夫婦にとっても大きな収入減です。

日本政府は少子高齢化についてまだ漠然としか考えていないようですが、「在宅で出来る時に出来る仕事をする」というワークスタイルがこれからは増えて行かざるを得ないでしょう。
在宅ワーク(テレワーク)については、企業のインフラ整備、個人情報の取り扱いなど課題も多く、まだまだ企業は様子見で本気ではないようですが、実際に会社に来れる労働者が激減すればそうも言っていられなくなるでしょう。
これは遠い将来の話ではありません。
現時点では、政府や企業の動きは遅いと言わざるを得ません。
国家を挙げて大胆な制度改革や法改正が必要でしょう。

年金の破綻で生涯現役

少子高齢化は年金破綻もほぼ確実に招きます。
もちろん政府ははっきりと破綻はさせず、受給年齢引き上げ、給付額引き下げを段階的にしてくるでしょうが、それはもはや破綻に等しい事です。
殆どの人が受け取れないか、受け取れても大した額は受け取れないでしょう。

いつかは起こるけど明日は起こらないという考えは捨てる

バブル期や東日本大震災前のように、いつかはXデーは来るけど、今日や明日には来ないという考えは捨てるべきだと思います。
明日お母さんが倒れて要介護になったら、あるいはお父さんが認知症になったら、足を悪くして車椅子生活になったら、という出来事は現実の事であり、恐らく多くの人が経験する事です。
一昔前なら支えてくれる兄弟や子供がいましたが、今はどうでしょう。

今、在宅ワークを本気で始める意味

上述したように、これからは在宅ワークにシフトしていき、恐らく数十年後には、労働者の50%程度が在宅ワーカーになるのではないかと予想します。
そうなった時に、確固たる資産があり、在宅ワークでの収入基盤があれば有利です。
先に述べたように「資産」は一朝一夕に作れるものではありません。
慌てて在宅ワークを始める人が急増し、アフィリエイトの競争激化や在宅の仕事の奪い合いになるのは目に見えています。
だから今から始め、後から始めた人が追いつけないくらいの収入基盤を築いておく必要があるのです。

会社勤めとアフィリエイトの比較

まとめると、会社勤めとアフィリエイトのメリット・デメリットは以下となります。

会社勤めアフィリエイト
自己資産になるか×
失業のリスク×
即収入を得られるか×
初期投資が不要×
社会保険×
介護との両立×
老後の収入×

今始める

もしこれまでにアフィリエイトの経験やブログの経験がないという人は、とりあえず無料ブログを作り、自分が紹介できそうな広告を見つけて、2000文字程度の紹介記事を5ページ程度書いてみてはどうでしょうか。

お勧めのアフィリエイトはやはり定番のA8.netです。

投稿日:2015年5月13日 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


もぐさのアイコン

もぐさ

東京都在住の副業アフィリエイターです。
このブログでは日々のアフィリエイトの成果やSEOに関すること、試してみたことなどを投稿しています。

収益アップのために色々とチャレンジしていきたいと思います!

@mogusa_mogu